突発性心筋症

病気の症状 
〜体がおかしいなと思ったら〜
 病気の症状から病気の可能性を探るサイトです。
 早期に病院で診察してもらうきっかけになれば幸いです。
 TOP > 突発性心筋症
 早期発見   万が一の時の応急手当   救急車の呼び方   診断時の注意点   薬服用時の注意点


病気の症状から探す

   『突発性心筋症』 の症状、原因、治療法




  突発性心筋症
  とっぱつせいしんきんしょう


  
【症状】

  原因不明の心筋の病気を特発性心筋症心筋症といいます。心筋に何らかの障害が起こり、
  心臓の機能に異常をきたします。
  心筋症は、大きく分けて肥大型心筋症と拡張型心筋症があります。

  肥大型心筋症は、心筋の異常な肥厚により心室中隔や左心室の心筋が著しい肥大を
  きたすものです。症状がほとんど出ないこともありますが、動悸や息切れをはじめ、胸痛、
  めまい、失神など様々な症状が起こることもあります。

  拡張型心筋症は、心筋細胞の変性によって収縮力が低下して心室が拡張するものです。
  動悸や倦怠感をはじめ、下肢のむくみ、胸部圧迫感などもみられます。



  
【原因】

  肥大型心筋症は、遺伝によるものが多いと考えられていますが、明確な原因は分かっていません。

  拡張型心筋症は、ウイルス感染による心筋炎の慢性化が要因となることがありますが、
  ほとんどは原因不明です。



  
【治療法】

  肥大型心筋症は、不整脈などの症状を防ぐために、β遮断薬や抗不整脈薬、カルシウム拮抗薬などを
  用いて治療します。場合によっては手術を行うこともあります。

  拡張型心筋症は、ACE阻害薬やβ遮断薬で心筋の働きを改善します。
  また、血液のうっ体を緩和させるために抗凝固薬を使用します。






                    

 みなさんが心身ともに健康でありますように



 ≪全身の症状≫

 吐き気・嘔吐
 食欲減退
 めまい
 慢性的な疲労感
 リンパ節の腫れ
 全身のむくみ
 呼吸が苦しい
 冷や汗が出る
 体重減少
 しびれ・まひ
 けいれん
 皮膚が黄色い
 発疹・斑点が出た
 急な体毛増加


 ≪顔・頭の症状≫

 頭痛
 発熱
 顔面蒼白
 目の充血・痛み
 複視・かすみ目
 異常な目やに
 急な視力低下
 歯肉の腫れ・出血
 耳鳴り・耳の痛み
 急な鼻血
 臭いが鈍る
 口臭が強い
 舌の痛み
 あごの痛み
 血痰が出た
 急な脱毛(頭髪)


 ≪上半身の症状≫

 首の痛み
 乳房の痛み・しこり
 胸の痛み
 腰の痛み
 手・腕の痛み
 肘の痛み


 ≪下半身の症状≫

 足の痛み
 膝の痛み
 血尿が出た
 排尿時の痛み
 慢性的な頻尿
 尿の異臭・色の異常
 血便が出た
 便の臭いがきつい


 ≪その他≫

 不眠
 過眠
 言語に違和感がある
 幻覚を感じる
 気分の変調が激しい
 爪の痛みやかゆみ






 病気の系統(場所)から探す

 ・循環器
 ・呼吸器
 ・消化器
 ・腎臓
 ・脳/神経

 ・血液
 ・ホルモン異常
 ・免疫/アレルギー
 ・皮膚
 ・感染症 

 ・毛/毛髪
 ・爪
 ・汗腺
 ・形成異常 
 ・尿路

 ・骨/関節/筋肉
 ・目
 ・耳
 ・鼻
 ・のど

 ・口/歯/あご
 ・男性
 ・女性
 ・子ども
 ・心


                                                        プロフィール  リンク集
Copyright (C) 病気の症状 All Rights Reserved