病気を早期発見

病気の症状 
〜体がおかしいなと思ったら〜
 病気の症状から病気の可能性を探るサイトです。
 早期に病院で診察してもらうきっかけになれば幸いです。
 TOP > 早期発見
 早期発見   万が一の時の応急手当   救急車の呼び方   診断時の注意点   薬服用時の注意点


病気の症状から探す

   『病気を早期発見』




  早期発見。

  医療の世界ではよくこの言葉を耳にしますね。

  早期発見できれば治る可能性が高いのに・・・なんて言われますが、早期発見はいろんな意味で
  難しいことだと思います。


≪性格の問題≫

  めんどくさがりや、頑固、我慢強い、楽観主義。これらの性格は早期発見を妨げます。
  人は誰しもこれらの性格を持ち合わせています。

  我慢強いのと楽観主義なことは素晴らしことでもありますが、病院へ行く前にこの性格が
  前面に出てしまうと厄介です。逆に病院で治療を受ける時にこの性格を活かすべきです。


≪生活環境の問題≫

  現代の性格環境は体にやさしくできてはいません。
  度重なる残業・休日出勤・ストレスで健康を損なったり、不景気や高齢化により医療費を節約しなければ
  ならなかったり、情報社会の欠点である情報過多による疲れを感じてしまったり・・・。

  日本人は経済の発展を重要視して健康は二の次に考えてきたことがよく分かります。
  だから便利なものがたくさん増えたんだと思います。




  
病魔は突然やってくるという言葉もありますが、
                  たいていの病気は突然やってきません。



  必ず前兆があります。そして皆それに気づいているはずなのです。
  『気がつかなかった』のではなくて、『気がつこうとしなかった』だけなのです。


  冒頭でも述べたとおり、早期発見はいろんな意味で難しいことだと私は思います。
  難しいことだからこそ、気がつこうとし、そして行動力を持とうとしないと、健康を維持するのは不可能です。

  確かに敏感になりすぎるのも良くはありません。常に心配な気持ちで日々を送っていたら
  心が疲れてしまいます。

  単純に割り切ることだと思います。
  『体にいつもと違う違和感を覚えたら病院へ行く』ただそれだけだと思います。


  ここでは日本人がかかりやすい病気で、早期発見が重要な病気をピックアップし、紹介していきます。



    脳梗塞の早期発見

    認知症の早期発見

    乳がんの早期発見

    肺がんの早期発見

    胃がんの早期発見





                    

 みなさんが心身ともに健康でありますように



 ≪全身の症状≫

 吐き気・嘔吐
 食欲減退
 めまい
 慢性的な疲労感
 リンパ節の腫れ
 全身のむくみ
 呼吸が苦しい
 冷や汗が出る
 体重減少
 しびれ・まひ
 けいれん
 皮膚が黄色い
 発疹・斑点が出た
 急な体毛増加


 ≪顔・頭の症状≫

 頭痛
 発熱
 顔面蒼白
 目の充血・痛み
 複視・かすみ目
 異常な目やに
 急な視力低下
 歯肉の腫れ・出血
 耳鳴り・耳の痛み
 急な鼻血
 臭いが鈍る
 口臭が強い
 舌の痛み
 あごの痛み
 血痰が出た
 急な脱毛(頭髪)


 ≪上半身の症状≫

 首の痛み
 乳房の痛み・しこり
 胸の痛み
 腰の痛み
 手・腕の痛み
 肘の痛み


 ≪下半身の症状≫

 足の痛み
 膝の痛み
 血尿が出た
 排尿時の痛み
 慢性的な頻尿
 尿の異臭・色の異常
 血便が出た
 便の臭いがきつい


 ≪その他≫

 不眠
 過眠
 言語に違和感がある
 幻覚を感じる
 気分の変調が激しい
 爪の痛みやかゆみ






 病気の系統(場所)から探す

 ・循環器
 ・呼吸器
 ・消化器
 ・腎臓
 ・脳/神経

 ・血液
 ・ホルモン異常
 ・免疫/アレルギー
 ・皮膚
 ・感染症 

 ・毛/毛髪
 ・爪
 ・汗腺
 ・形成異常 
 ・尿路

 ・骨/関節/筋肉
 ・目
 ・耳
 ・鼻
 ・のど

 ・口/歯/あご
 ・男性
 ・女性
 ・子ども
 ・心


                                                        プロフィール  リンク集
Copyright (C) 病気の症状 All Rights Reserved