心肺蘇生法

病気の症状 
〜体がおかしいなと思ったら〜
 病気の症状から病気の可能性を探るサイトです。
 早期に病院で診察してもらうきっかけになれば幸いです。
 TOP > 心肺蘇生法
 早期発見   万が一の時の応急手当   救急車の呼び方   診断時の注意点   薬服用時の注意点


病気の症状から探す

   『心肺蘇生法(応急処置)』




  救急車が到着するまでの間、正しい手順で心肺蘇生法を行えば、その人の命が救えるかもしれません。
  決してあわてずおちついて対応すれば心肺蘇生法は誰にでもできます。

  ここでは『倒れている人がいる』という想定で、基本的な手順を紹介します。


@意識の有無を確認

   まずは耳元で「大丈夫ですか」などと声をかけてみます。
   それでも反応がなかったら頬や肩を軽くたたいた上で声をかけてみます。

   頬を軽くつねってみてもいいです。
   決して強くつねったり体を無理に起こそうとしてはダメです。


   ≪意識がある場合≫
   反応が返ってきても意識が鈍い場合は、すぐに救急車に連絡をとりましょう。
   意識がはっきりしている場合は、どういう状況なのか、どこが痛いのかなど、症状を聞きましょう。

   その後、救急車を手配しましょう。
   救急車が到着するまでは、症状によっては応急処置が必要になることもあります。

   ≪意識がない場合≫
   すぐに救急車を呼んで、気道の確保をしましょう。



A気道の確保

   意識がない場合は、すぐに気道の確保をしなければなりません。
   意識がないと筋肉が正常に働かなくなり、気道が閉塞され呼吸ができなくなる恐れがあるからです。

   気道の確保をするだけで呼吸ができるようになることも多く、また、人工呼吸をすることになっても
   気道の確保ができていないと効果がなくなってしまいます。

   気道の確保は心肺蘇生法の中でも最も重要と言えます。



  ≪気道の確保の仕方≫

  まずは体をあお向けにします。
  できるだけ体をねじらないように、そっとあお向けにします。

  あお向けにしたら、片手をおでこにあて、
  もう片手を下あごにあてます。

  下あごが口を閉じる程度に持ち上げます。
                                     Illustration by みんとクリニック



B呼吸の有無を確認

   気道の確保をしたら、すぐに呼吸の確認をします。
   呼吸音がはっきり聞こえたり胸がしっかりと動いていれば問題ないですが、
   これらの反応がない場合は、人工呼吸が必要となります。

   呼吸音がかすかな場合は気道の確保が甘い場合もあるので、
   再度、気道の確保をしっかりと行ってください。



C人工呼吸

   人工呼吸により、肺に必要な酸素を送り込みます。



  ≪人工呼吸の仕方≫

  気道を確保した状態で、額をおさえている手の親指と人差し指で
  鼻をつまみます。

  口を大きく広げ、患者の口に密着させて息を静かに吹き込みます。
  胸が持ち上がって酸素が送り込まれているかを確認します。

  吹き込みがおわったら、胸と腹部に注目して息が吐き出されている
  かを確認します。


                                                Illustration by みんとクリニック


  【吹き込む間隔と時間の目安】

  成人・・・5秒に1回行い、一度に吹き込む時間は2秒程度
  小児・・・3秒に1回行い、一度に吹き込む時間は1秒強
  新生児・・・1〜2秒に1回行い、一度に吹き込む時間は1秒弱



D呼吸の有無と体の反応を確認

   人工呼吸を行ったらすぐに、呼吸の有無と体の反応を確認します。
   呼吸がなく、咳をするなど体の動きがない場合は、さらに人工呼吸と心臓マッサージをします。



E心臓マッサージ



  ≪心臓マッサージの仕方≫

  人差し指と中指で肋骨の下の縁をなぞり、
  中央で左右の肋骨が交わるくぼみを探す。

  そのくぼみに中指を置き、人差し指も隣に置く。
  (人差し指が顔側に来る方向で)

  もう片方の手を重ねて、指に力を入れずに圧迫する。
                                                Illustration by みんとクリニック






                    

 みなさんが心身ともに健康でありますように



 ≪全身の症状≫

 吐き気・嘔吐
 食欲減退
 めまい
 慢性的な疲労感
 リンパ節の腫れ
 全身のむくみ
 呼吸が苦しい
 冷や汗が出る
 体重減少
 しびれ・まひ
 けいれん
 皮膚が黄色い
 発疹・斑点が出た
 急な体毛増加


 ≪顔・頭の症状≫

 頭痛
 発熱
 顔面蒼白
 目の充血・痛み
 複視・かすみ目
 異常な目やに
 急な視力低下
 歯肉の腫れ・出血
 耳鳴り・耳の痛み
 急な鼻血
 臭いが鈍る
 口臭が強い
 舌の痛み
 あごの痛み
 血痰が出た
 急な脱毛(頭髪)


 ≪上半身の症状≫

 首の痛み
 乳房の痛み・しこり
 胸の痛み
 腰の痛み
 手・腕の痛み
 肘の痛み


 ≪下半身の症状≫

 足の痛み
 膝の痛み
 血尿が出た
 排尿時の痛み
 慢性的な頻尿
 尿の異臭・色の異常
 血便が出た
 便の臭いがきつい


 ≪その他≫

 不眠
 過眠
 言語に違和感がある
 幻覚を感じる
 気分の変調が激しい
 爪の痛みやかゆみ






 病気の系統(場所)から探す

 ・循環器
 ・呼吸器
 ・消化器
 ・腎臓
 ・脳/神経

 ・血液
 ・ホルモン異常
 ・免疫/アレルギー
 ・皮膚
 ・感染症 

 ・毛/毛髪
 ・爪
 ・汗腺
 ・形成異常 
 ・尿路

 ・骨/関節/筋肉
 ・目
 ・耳
 ・鼻
 ・のど

 ・口/歯/あご
 ・男性
 ・女性
 ・子ども
 ・心


                                                        プロフィール  リンク集
Copyright (C) 病気の症状 All Rights Reserved